WEB求人の将来

最近様々な媒体で人材を募集しているが、WEB求人は今後もシェアを伸ばすことができるのだろうか?
WEB求人について、僕が考察した内容を完結にまとめてみた。

かつてはハローワークや新聞折込などが一般的だったが、
最近ではアイデムやフロムAなどのフリーペーパーも多く出回っている。
ちなみにフロムAは2004年までは有料だった。

インターネットが発達した現在においても、全体的に見ればまだ紙媒体のほうが力関係において勝っているといえる。
たしかにWEB求人の勢いはかなり増してきており、一般的にも認知されてきた。
しかしそれもごくごく最近の話であり、シェアNo1になるためには、まだまだ時間を要しそうだ。

また近年登場したスマートフォンは、若い世代を中心に流行しており、
それを使って仕事を探す人が増えてきている。
これを機にWEB求人が圧倒的なシェアを勝ち取るかのように見えたが、実情はやはり紙媒体に軍配が上がる。

だが、これも2年後には形勢逆転していると僕は睨んでいる。






What's New

2013/02/21
オススメ情報3を更新。
2012/11/19
オススメ情報2を更新。
2012/04/09
オススメ情報を更新。
2011/08/01
オススメ情報を更新。
2011/08/01
WEB化の一途を更新。
2011/08/01
完全世代交代を更新。
2011/08/01
WEB求人と聞いてを更新。
2011/08/01
ホームページリニューアル
オススメ情報 | WEB求人と聞いて 2011年12月06日